ここからPC

NIPT検査

DNAシーケンス解析専門博士及び
専門染色体分析者が国内検査所で担当します











新型出生前診断検査って何?

NIPTはおなかの中の赤ちゃんが染色体疾患をもつ可能性をみるための検査です。

出生前におなかの中の赤ちゃんが染色体疾患をもっているかどうかを確実に検査する方法として羊水検査や絨毛検査がありますが、それらは流産などの危険性を伴う検査(子宮に針を刺す検査)です。そこで、危険を伴わずに赤ちゃんが染色体疾患をもつ可能性を検査する方法が開発されており、その一つがNIPT(非侵襲性出生前遺伝学的検査)です。

JLabのNIPT検査料金

検査メニューと料金

JLabでは、次の3つの検査メニューをご用意しております。お支払い方法は、銀行振込です。

スタンダード

料金:85,000円(税込)

3つの染色体検査
21トリソミー
18トリソミー
13トリソミー

ハイグレード

料金:120,000円(税込)

全染色体検査
(1~22トリソミー)

性染色体※1
(性別判定)

プレミアム

料金:130,000円(税込)

全染色体検査
(1~22トリソミー)

性染色体※1
(性別判定)

微小欠失検査
※1 性染色体検査(性別判定)は希望者のみお伝えいたします。

JLabのNIPT検査の流れ

STEP 2

全国の提携先医療機関をご紹介いたします。

STEP 3

国内ラボと複数の提携ラボで検査を行います。

結果は約10日ほどで通知いたします。

検査の流れ

STEP 2

全国の提携先医療機関をご紹介いたします。

STEP 3

検査を実施

国内ラボと複数の提携ラボで検査を行います。

STEP 4

検査結果通知

結果は約10日ほどで通知いたします。

検査対象

検査対象となる染色体疾患は21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーです。

検査方法

妊娠9~10週以降に妊婦さんから10~20mlの血液を採取して、血液中に浮遊しているcfDNAを分析して結果を出します。

結果について

結果は「陽性」「陰性」または「判定保留」と報告されます。「陽性」とはその疾患の可能性が高いという意味です。

注意事項

妊婦さんの血液中に浮遊しているcfDNAのうち約10%が赤ちゃん由来(正確には胎盤由来)です。そのため、NIPTは精度の高い検査ではありますが、染色体疾患の可能性の高さを判定しているにすぎません。検査結果が「陽性」の場合には、疾患がある可能性が高いということです。しかし、実際には病気がない場合(偽陽性)もあるので、確定診断を行うには羊水検査などの追加検査が必要となります。「判定保留」の場合には、その後の対応について再度相談する必要があります。

染色体とは

多くの人の染色体は46本で、常染色体(1~22番染色体)のペアと、性別によって異なる染色体(X・Y染色体)のペアからなっています。染色体には多くの遺伝子(ヒトの体や働きの設計図)が詰まっています。
染色体に数や形の変化が起こると、成長や発達に影響を与えたり、生まれつきの病気や体つきの特徴をもつことがあります。
「トリソミー」とは本来2本(ペア)である染色体が、3本ある状態で、例えば21トリソミーとは、21番染色体が3本ある状態のことです。「トリ」とは3をあらわします。

検査目的

NIPT は 21 トリソミー、 18 トリソミー、13 トリソミーの
染色体疾患の可能性がわかります

実は、生まれて来る赤ちゃん100人中3~5人ほどは先天的な疾患をもって生まれてきます。
この中で染色体が原因の疾患は約25%で、NIPTの検査対象である3つの染色体疾患は、さらにその約70%です。
このことを計算してみると、3つの染色体疾患のある赤ちゃんは100人あたり0.7人程度となります。
また、妊婦さんの年齢が上昇すると、トリソミーをもつ赤ちゃんの出生頻度が高くなることが明らかになっています。
ただし、それ以外の染色体疾患では、その影響は明らかではありません。

21 トリソミー、18 トリソミー、 13 トリソミー以外の疾患はわかりません

21番、18番、13番以外の常染色体に数の異常がある受精卵はほとんどが流産するか、もしくは妊娠に至りません。
そのためひとつひとつの病気の発生率が低いうえに感度が低く(検査の見逃しが多い)、
陽性的中率も低い検査となります。そのため、NIPTで陽性と出たとしても、そこから羊水検査に進み、
その疾患が確認される確率は相当に低いと推定されます。

21 トリソミー ( ダウン症 )
  • 一般的に、600~800 人に 1 人の割合で出生すると言われています。
  • 生後の身体や言語の発達は全体的にゆっくりですが、適切な生育環境 ( 療育など ) によって成長発達を促すことがあります。
  • 心疾患、消化器系疾患などの病気をもつ場合があります。
  • 学齢期は地元の学校や特別支援学校に通っています。
  • 大人になると生活介護が必要になることもありますが、行政によるサポートを受けながら地域の中で生活する方も多く、生涯に渡ってさまざまな支援サービスが用意されています。
  • 小児慢性特定疾病(P7下サイト参照)に認定されており、医療、福祉、当事者のコミュニティなどのサポート体制があります。
  • 各地には親の会やサークル活動などの情報交換の場があり、福祉のサポート体制も整っています。
18 トリソミー ( エドワーズ症候群 )
  • 一般的に 4000~10000 人に 1 人の割合で出生すると言われています。
  • 妊婦健診で行われる超音波検査で赤ちゃんの発育不全や心疾患、消化器系疾患、四肢の形態変化などを認めることからみつかることがあります。
  • 複数の病気を持って生まれてくることがあり、呼吸や哺乳のサポートなど、生後早期に医学的な管理が必要になることがあります。
  • 心疾患や呼吸不全などの病気のため、生後早期に亡くなることがあります。一方、積極的な医療介入により生命や生活の見通しが改善すると報告されており、一部で長く生存して成人を迎える方もいます。
  • 運動面・知能面での遅れを示しますが、医学的な管理を継続しながら特別支援学校等に通学し、成長と共にゆっくりと発達をとげます。
  • 小児慢性特定疾病(P7下サイト参照)に認定されており、医療、福祉、当事者のコミュニティなどのサポート体制があります。
13 トリソミー ( パトウ症候群 )
  • 一般的に 5000 人~10000 人に 1 人の割合で出生すると言われています。
  • 妊婦健診で行われる超音波検査によって心疾患、中枢神経、消化器系疾患の病気、身体の形態変化などで見つかることがあります。
  • 複数の病気を持って生まれてくることがあり、呼吸や哺乳のサポートなど、生後早期に医学的な管理が必要になることがあります。
  • 心疾患や呼吸不全などの病気のため、生後早期に亡くなることがあります。一方、積極的な医療介入により生命や生活の見通しが改善すると報告されてきており、一部で長く生存して成人を迎える方もいます。
  • 一人で歩いたり、言葉を話せるようになることは稀ですが、ゆっくりと成長・発達します。
  • 小児慢性特定疾病(P7下サイト参照)に認定されており、医療、福祉、当事者のコミュニティなどのサポート体制があります。

サポートについて

ここまでPC

ここからスマホ

NIPT検査

DNAシーケンス解析専門博士及び
専門染色体分析者が国内検査所で担当します











NIPT検査

DNAシーケンス解析専門博士及び
専門染色体分析者が国内検査所で担当します

家族の未来をつくる 検査

新型出生前診断検査って何?

NIPTはおなかの中の赤ちゃんが染色体疾患をもつ可能性をみるための検査です。

出生前におなかの中の赤ちゃんが染色体疾患をもっているかどうかを確実に検査する方法として羊水検査や絨毛検査がありますが、それらは流産などの危険性を伴う検査(子宮に針を刺す検査)です。そこで、危険を伴わずに赤ちゃんが染色体疾患をもつ可能性を検査する方法が開発されており、その一つがNIPT(非侵襲性出生前遺伝学的検査)です。

JLabのNIPT検査料金

検査メニューと料金

JLabでは、次の3つの検査メニューをご用意しております。

お支払い方法は、銀行振込です。

スタンダード

料金:85,000円(税込)

3つの染色体検査
21トリソミー
18トリソミー
13トリソミー

ハイグレード

料金:120,000円(税込)

全染色体検査
(1~22トリソミー)

性染色体※1
(性別判定)

プレミアム

料金:130,000円(税込)

全染色体検査
(1~22トリソミー)

性染色体※1
(性別判定)

微小欠失検査
※1 性染色体検査(性別判定)は希望者のみお伝えいたします。

JLabのNIPT検査の流れ

検査の流れ

STEP 2

全国の提携先医療機関をご紹介いたします。

STEP 3

検査を実施

国内ラボと複数の提携ラボで検査を行います。

STEP 4

検査結果通知

結果は約10日ほどで通知いたします。

検査対象

検査対象となる染色体疾患は21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーです。

検査方法

妊娠9~10週以降に妊婦さんから10~20mlの血液を採取して、血液中に浮遊しているcfDNAを分析して結果を出します。

結果について

結果は「陽性」「陰性」または「判定保留」と報告されます。「陽性」とはその疾患の可能性が高いという意味です。

注意事項

妊婦さんの血液中に浮遊しているcfDNAのうち約10%が赤ちゃん由来(正確には胎盤由来)です。そのため、NIPTは精度の高い検査ではありますが、染色体疾患の可能性の高さを判定しているにすぎません。検査結果が「陽性」の場合には、疾患がある可能性が高いということです。しかし、実際には病気がない場合(偽陽性)もあるので、確定診断を行うには羊水検査などの追加検査が必要となります。「判定保留」の場合には、その後の対応について再度相談する必要があります。

染色体とは

多くの人の染色体は46本で、常染色体(1~22番染色体)のペアと、性別によって異なる染色体(X・Y染色体)のペアからなっています。染色体には多くの遺伝子(ヒトの体や働きの設計図)が詰まっています。
染色体に数や形の変化が起こると、成長や発達に影響を与えたり、生まれつきの病気や体つきの特徴をもつことがあります。
「トリソミー」とは本来2本(ペア)である染色体が、3本ある状態で、例えば21トリソミーとは、21番染色体が3本ある状態のことです。「トリ」とは3をあらわします。

検査をすることで 実際に何がわかるの?

NIPT は 21 トリソミー、 18 トリソミー、13 トリソミーの 染色体疾患の可能性がわかります

実は、生まれて来る赤ちゃん100人中3~5人ほどは先天的な疾患をもって生まれてきます。
この中で染色体が原因の疾患は約25%で、NIPTの検査対象である3つの染色体疾患は、さらにその約70%です。
このことを計算してみると、3つの染色体疾患のある赤ちゃんは100人あたり0.7人程度となります。
また、妊婦さんの年齢が上昇すると、トリソミーをもつ赤ちゃんの出生頻度が高くなることが明らかになっています。
ただし、それ以外の染色体疾患では、その影響は明らかではありません。

21 トリソミー、18 トリソミー、 13 トリソミー以外の疾患はわかりません

21番、18番、13番以外の常染色体に数の異常がある受精卵はほとんどが流産するか、もしくは妊娠に至りません。
そのためひとつひとつの病気の発生率が低いうえに感度が低く(検査の見逃しが多い)、
陽性的中率も低い検査となります。そのため、NIPTで陽性と出たとしても、そこから羊水検査に進み、
その疾患が確認される確率は相当に低いと推定されます。

21 トリソミー ( ダウン症 )
  • 一般的に、600~800 人に 1 人の割合で出生すると言われています。
  • 生後の身体や言語の発達は全体的にゆっくりですが、適切な生育環境 ( 療育など ) によって成長発達を促すことがあります。
  • 心疾患、消化器系疾患などの病気をもつ場合があります。
  • 学齢期は地元の学校や特別支援学校に通っています。
  • 大人になると生活介護が必要になることもありますが、行政によるサポートを受けながら地域の中で生活する方も多く、生涯に渡ってさまざまな支援サービスが用意されています。
  • 小児慢性特定疾病(P7下サイト参照)に認定されており、医療、福祉、当事者のコミュニティなどのサポート体制があります。
  • 各地には親の会やサークル活動などの情報交換の場があり、福祉のサポート体制も整っています。
18 トリソミー ( エドワーズ症候群 )
  • 一般的に 4000~10000 人に 1 人の割合で出生すると言われています。
  • 妊婦健診で行われる超音波検査で赤ちゃんの発育不全や心疾患、消化器系疾患、四肢の形態変化などを認めることからみつかることがあります。
  • 複数の病気を持って生まれてくることがあり、呼吸や哺乳のサポートなど、生後早期に医学的な管理が必要になることがあります。
  • 心疾患や呼吸不全などの病気のため、生後早期に亡くなることがあります。一方、積極的な医療介入により生命や生活の見通しが改善すると報告されており、一部で長く生存して成人を迎える方もいます。
  • 運動面・知能面での遅れを示しますが、医学的な管理を継続しながら特別支援学校等に通学し、成長と共にゆっくりと発達をとげます。
  • 小児慢性特定疾病(P7下サイト参照)に認定されており、医療、福祉、当事者のコミュニティなどのサポート体制があります。
13 トリソミー ( パトウ症候群 )
  • 一般的に 5000 人~10000 人に 1 人の割合で出生すると言われています。
  • 妊婦健診で行われる超音波検査によって心疾患、中枢神経、消化器系疾患の病気、身体の形態変化などで見つかることがあります。
  • 複数の病気を持って生まれてくることがあり、呼吸や哺乳のサポートなど、生後早期に医学的な管理が必要になることがあります。
  • 心疾患や呼吸不全などの病気のため、生後早期に亡くなることがあります。一方、積極的な医療介入により生命や生活の見通しが改善すると報告されてきており、一部で長く生存して成人を迎える方もいます。
  • 一人で歩いたり、言葉を話せるようになることは稀ですが、ゆっくりと成長・発達します。
  • 小児慢性特定疾病(P7下サイト参照)に認定されており、医療、福祉、当事者のコミュニティなどのサポート体制があります。

サポートについて

ここまでスマホ

新型出生前診断検査って何?

NIPTはおなかの中の赤ちゃんが染色体疾患をもつ可能性をみるための検査です。

出生前におなかの中の赤ちゃんが染色体疾患をもっているかどうかを確実に検査する方法として羊水検査や絨毛検査がありますが、それらは流産などの危険性を伴う検査(子宮に針を刺す検査)です。そこで、危険を伴わずに赤ちゃんが染色体疾患をもつ可能性を検査する方法が開発されており、その一つがNIPT(非侵襲性出生前遺伝学的検査)です。

注意事項

妊婦さんの血液中に浮遊しているcfDNAのうち約10%が赤ちゃん由来ですが、正確には胎盤に由来します。そのためNIPTは精度の高い検査ではありますが、染色体疾患の可能性の高さを判定しているにすぎません。検査結果が「陽性」の場合には、羊水細胞や絨毛細胞を用いた確定検査が必要、「判定保留」の場合には、その後の対応について再度相談する必要があります。

検査の流れ

STEP 2

全国の提携先医療機関をご紹介いたします。

STEP 3

検査を実施

国内ラボと複数の提携ラボで検査を行います。

STEP 4

検査結果通知

結果は約10日ほどで通知いたします。

検査料金

A プラン

新型出生前診断検査
13トリソミー
(パトウ症候群)
18トリソミー
(エドワード症候群)
21トリソミー
(ダウン症候群)
性染色体検査
1~22番トリソミー検査
(全染色体検査)

B プラン

新型出生前診断検査
13トリソミー
(パトウ症候群)
18トリソミー
(エドワード症候群)
21トリソミー
(ダウン症候群)
性染色体検査
1~22番トリソミー検査
(全染色体検査)