よくある質問(Q&A)

検査について

回答1

新型出生前診断検査(NIPT検査)とは妊娠中のお母さんの血液を採取し、血液中に浮遊しているDNA断片を分析することで、赤ちゃんが特定の染色体異常症かどうかを見る検査します。妊娠中のお母さんの血液を採取するだけで、できるので非常にリスクが少ない検査です。

回答2

通常、染色体は44本の常染色体(1-22番2本ずつ)と2本の性染色体(XおよびY)から成り立ちますが、トリソミーの場合、該当する染色体数が3本ある状態です。21トリソミーはダウン症候群として知られています。お母さんの血液中に流れている、21番、18番、13番染色体断片量(濃度)が平均より多いかどうかを検査します。

回答3

妊娠9週以降の妊婦さんが対象です。よく6週目からもできると思っていらっしゃる方も多いですが、6週目だとお母さんの血液中の赤ちゃん由来のDNA量が十分ではないため9週以降と比べると精度は高くありません。

回答4
検体がJLabに到着してから最短7日~検査結果ご報告致します。

回答5
もちろん検査受ける前でも、後でも専門スタッフよりカウンセリングできますのでお気軽にお問い合わせください。